集中力を高める

ワークライフバランス

決められた時間内で成果を出すには、タイムマネジメントが欠かせません。
まずはひとつのタスクに対して、リミットを設定しておきましょう。
時間を逆算して考える事は、計画的に作業を進める第一歩です。

メールチェックをする時間も決めておきます。
こまめにチェックしすぎると、集中力が途切れて作業効率が下がってしまうからです。

メールの返信や伝達事項、進捗状況の確認などは、作業前か次のタスクに移るタイミングでするといいでしょう。

タイムマネジメントを徹底すると、ワークライフバランスも整います。
オンとオフのバランスは、集中力とモチベーションに大きく関わってくるのでしっかりオフのとれるタイムマネジメントを心がけましょう。

朝活のすすめ

朝活という言葉を聞いた事があるかと思います。
文字通り、朝に活動する事を指します。
具体的には就業時間前に本を読んだり、勉強会をしたり、マラソンやウォーキングなど身体を動かしたりして過ごす時間の使い方です。

Appleの創始者であるスティーブ・ジョブズ氏も朝活をしていた事は有名です。
毎朝早起きし、朝の静かな時間に家で仕事をしてから出社していたそうです。

朝の時間を有効に使うと、午前中のうちに様々なタスクがこなせます。
デザインやアイディアを考えたり、事務的な作業など仕事に直結した内容でもいいですし、読みたかった本を読むのもいいでしょう。

最初は身体に負担がかからないよう、週に1日から始める事をおすすめします。


このコラムをシェアする